築地と言えば鈴木水産

投稿者:トミさんさん(46歳)
お店の所在地:東京都中央区築地

築地という地名を聞いただけでお腹がグーっと鳴ってしまう。
はしたないことですが、築地はやはり美味しい海の幸で溢れかえっています。
築地の場外市場も一年中、賑わっていて海外からも観光客の足が途絶えることはありません。
全国から新鮮で美味しい海の食材が集まっているので、その食材を活かした美味しいお店が所狭しと並んでいます。

その中でも一際、目立っているのが鈴木水産でしょう。
午後の定食はとても食欲を誘うのです。
なんと言っても一押しの定食がウニ定食です。
「ウニ定食」という言葉だけでも美味しそうなフレーズではないでしょうか。
そう、本当に美味しいのです。
よく市場で箱単位で売りているウニそのものをそのまま定食として出しています。
熱々のご飯ととても合っていて言葉では表現するのが難しい感じです。
とてもクリーミィーでそれでいて塩味が見事にフィットした味です。
ご飯と頬張って口の中に広がるほんのりとした甘味がたまりません。
これがお昼の定食として食べることができるのですから、幸せなことです。昼食としては少しばかり高めの定食になるでしょうが、食べる価値は絶対にあると思います。
ウニ定食には出汁のきいたお味噌汁もトータルの味を整えてくれています。
子供の頃、田舎で食べたあの懐かしい出汁が丁寧に仕込まれたお味噌汁です。
それだけでも、
「ご飯お代わり下さい。 」
と言える代物です。

そんな鈴木水産はウニ定食たけてはありません。
秋になると秋刀魚定食も人気メニューの1つとしてこのお店の代表格になります。
このお店に来る人の多くはウニ定食が目的。
しかし、横に座っている人が食べて入る秋刀魚定食も結構、気になるのです。鈴木水産は道路に面していて、店内は解放された店構えです。
よって、秋刀魚を焼いているあの香ばしい香りが外まで届いて、往来にしている人を引き込んでしまうのです。
大袈裟な感じに聞こえるでしょうが本当のことなのです。

東京に始めてきた人に紹介したい所の1つが築地の鈴木水産なのです。

あわせて読みたい